IKEAで、ピート・ヘイン・イーク(Piet Hein Eek)の家具を買いました。ピート・ヘイン・イークの家具には昔から憧れがあったけど、高くてなかなか手が出せず・・。(東京のピート・ヘイン・イークの商品を取り扱っているインテリアショップに電話して聞いてみたら、ソファが100万円超え!! 電話の応対をしてくれた人は、とてもつれない感じ。芸能人とかがお客様のような印象でした)そのピート・ヘイン・イークの家具がとても安い価格で、しかもIKEAとのコラボレーションのオリジナル家具として販売されたのです。まず黄色いベンチ(価格は17990円)を買い、あとからテーブルが大幅にディスカウントされて、それも購入。(39,990円→2万円以下)ディスカウントされるということは、一般にあまり人気がないのか・・?無印良品とIKEA、どちらもおしゃれで安価です。お互い共通する部分もありますが、大きな違いを感じるのがデザインに対する考え。無印良品はデザイナーが基本的に前に出ることはなく、シンプルで安価なものであることが一番の価値=デザイナーを前に出すことで、余計な付加価値を付けている印象を与えないようにしているのかな??と思う反面、デザイナーを前に出さない代わりに、数々の世界中のデザインを真似し、どっかで見たことがある商品が数多くあることにおいては個人的に賛同しがたいな・・と。IKEAは無印良品と違い、必ずデザイナーを前に出してくる。デザインはオリジナルであり、そしてそのデザインはとても洗練され、その上安価!個人的はデザインに対する考えではIKEAを支持したいです。無印良品は駅ビルなど利便性の良い場所に出店しているためいつ行っても買い物客がいますが、IKEAは利便性の悪い立地に建っているため平日ガラガラな状態が気になりますが、長く頑張ってほしいと思います。